【自分で修理】Sony Xperia Z3のフロントパネルを交換【ディスプレイ】

シェアする

スポンサーリンク

Sony Xperia Z3のフロントパネルを割ってしまったときに備えて、修理方法を紹介します。

おやくそく

自分で分解・修理するとメーカー保証が受けられなくなります。また、分解・修理に伴って故障する可能性があります。自己責任にて行いましょう。

自分のカラダの静電気によってパーツを破損することがあるので、静電気防止手袋があった方がよいかもです。

用意するもの

精密ドライバー、ヒートガン(ドライヤーで代用可能)、ディスプレイを外すための吸盤セット(フロントパネルにオマケで付いています)、両面テープが必要です。

持っていない方はこちらを参考に。安いけどとりあえず使えるドライバーセット。

パナソニック製のベーシックなドライヤー。

ディスプレイを外すとき、ギターのピックが複数あると便利。コシのあるプラスティックのカードでも代用できます。

ディスプレイを張り直すときに必要な両面テープ。

両面テープは扱いやすそうな専用の物もありました。

ちょっと大げさだけど、このセットは必要なツールが一通り入っています。

交換手順

フロントパネルの交換方法は以下のYouTubeで公開されています。手順を確認してみましょう。

手順1:背面を熱してパネルを外す

電源をオフにしておきます。背面のフチの部分をヒートガンやドライヤーで加熱します。動画では150 degrees(摂氏65度)で1分暖めよと紹介されています。

吸盤を貼り付けて持ち上げます。わずかに隙間を作れたら、ギターピック等を差し込みまくり、背面パネルをバリっと剥がします。

剥がしにくい場合はさらに加熱しましょう。ムリヤリやると背面パネルが曲がってしまうかもなので慎重に。

手順2:内部のフレームを外す

背面パネルを取り外したら、内部にある5つのネジをプラスドライバーで外していきます。

バッテリーパックの上を通るような形で、NFCユニットのコネクタが接続されています。上側にポコっと持ち上げると外せるので、コネクタから外しておきます。

10

これで、フレームを外すことができます。アイスの棒のようなもので持ち上げて外していきましょう。

08

さらに、右下にあるディスプレイのコネクタを外し、新しいケーブルを通せるように少し隙間を作っておきます。

手順3:フロントパネルを外す

06

ひっくり返して、ディスプレイ部分を上側へ向けます。背面のパネルを外したときと同じようにヒートガンで加熱し、吸盤とギターピックを使ってフロントパネルを外します。

手順4:イヤーピースを外す

05

フロントパネル上部には「イヤーピース」のパーツが貼り付けられています。こちらも外して、新しいフロントパネルへ貼り付け直します。

手順5:両面テープを貼り付ける

もともと両面テープがあった箇所に、新しい両面テープを取り付けていきます。以前のものの粘着力が残っていれば、そのまま再使用も可能です。

手順6:フロントパネルを貼り付ける

03

ディスプレイのコネクタを隙間から通し、接続した上で両面テープを貼り合わせます。コネクタを通す前に貼り合わせてしまうと、再びフロントパネルを外すことになるので要注意。

手順7:背面パネルを貼り付ける

逆の手順でフレームをネジ止めし、NFCユニットを接続、フロントパネルと同じように両面テープで貼り付けて完成です。

出典:How to replace Sony Xperia Z3 Compact LCD Screen? – Repair Tutorial