USBケーブルをつなげても「Android搭載端末が見つかりません」とエラーが出るときの対処方法

シェアする

スポンサーリンク

Android搭載端末とMacをUSBケーブルで接続して「Android File Transfer」を起動しても、「Android搭載端末が見つかりません」というエラーが出て困っていました。

スクリーンショット 2015-10-06 23.10.32

ケーブルがちゃんと刺さってないのかな?と思ったけど、Macから充電が行われているので正しくつながっている様子。つなぎなおしても同じエラー。再起動しても同じ。えーと、えーと・・・

原因は・・・USBケーブルにありました!!!!!!!!

充電専用USBケーブルという罠

私がそのとき使っていたのは、モバイルバッテリーに付属していたUSBケーブル。ちょうど手元にあったので、なんとなくそれを使っていたのですが、実はこのケーブルが「データ転送には対応していない、充電だけ可能なUSBケーブル」だったのです。見た目じゃ分からない!

データ転送にも対応している、ANKERのUSBケーブルに変えたら、きちんとAndroid搭載端末が認識されました。

・・・恐らく、本体に付属しているUSBケーブルでも大丈夫だったと思います。とにかく失敗の原因は、「ちょうど手元にあったモバイルバッテリーに付属のUSBケーブルを使っていた」ということ。

その後、実験のために

  1. モバイルバッテリーに付属のUSBケーブル
  2. Bluetoothイヤホンに付属のUSBケーブル
  3. データ転送対応のANKERのUSBケーブル

を接続してみたけれど、正しく動作したのは「データ転送対応のANKERのUSBケーブル」のみでした。

というわけで、「Android搭載端末が見つかりません」というエラーが出るときにはUSBケーブルを交換してみましょう。見た目じゃ分からないから難しいよー。