PLANEX FFP-1200DHPを買ったけど返品した

シェアする

スポンサーリンク

最新のiPhone6やMacBook Airは「802.11ac」という、非常にスピードが早い無線LAN(Wi-Fi)規格に対応しています。アップルからは「AirMac Extreme」という、802.11acの電波を出すことができる無線LANルーター親機(この表現、ヤボったいですね)が発売されてはいたけれど、2万円近い値段のため躊躇していました。

そんなときに、なんと5,000円台で買える無線LANルーター親機を発見!思わず購入したのでした↓
【Amazon.co.jp限定】PLANEX 無線LANルーター親機 11ac/n/a/g/b 866+300Mbps ギガビット ハイパフォーマンス FFP-1200DHP PS4・AppleTV・iPhone6・Android対応 (FFP)

※iPhone6だけを考えるとWi-Fi機能が433Mbpsにしか対応していないので、3,000円台で売っている下位モデル「FFP-750DHP」で十分です。

さっそく届いて開封。プラスティックなボディに小さなACアダプタ。実に庶民的なデザインですが、まぁ目に見えるところに置かなければ平気かしら。最初は本体に貼ってあるパスワードを使ってWi-Fiにつなげ、設定画面(いつもの192.168.111.1)へログイン。SSID(接続先へ表示されるWi-Fiの名前)とパスワードを変更して・・・MacBook AirとiPhoneで接続を試してみました。

おお!たしかにちょっと速い気がします。MacBook Airの「システムレポート」を見ても確かに「802.11ac」でつながっています。使用している電波帯域も5GHzなので、電子レンジを動かしてたらネットが止まる・・・みたいなこともなくなるハズ!

と、喜んだのも束の間・・・。

我が家はマンションの壁にLAN(WAN)ポートがあり、そこから本機へLANケーブルをつなげて、本機そのものは家具の影に隠れるように設置していました。で、本機と3m以内くらい・同じ部屋にいる間は安定して接続されるのに、5mくらい離れた別の部屋に入るといきなり切断・・・。扉を開けていても状況変わらず。

あ、家具の裏にあるからダメなのだよねと考えて、ちょっとだけ見えるように配置を換えてみたけれど、それでも「なにかの影」に自分(MacBook Air)が移動するだけでまったくつながらなくなります。

もちろん、トイレの中もダメだし、試してないけど「お風呂で半身浴しながらiPhone」みたいなのもムリなハズ。

うーん、5GHz帯を使うと障害物に弱いと聞いていたけれど、こんなに弱いのか・・・。障害物っていうか、部屋のレイアウトなんだけどな・・・。鉄の扉とかでもないし・・・。念のため2.4GHzも試してみたけど、あんまり変化がない様子・・・そもそも電波が弱いのかも。

同じレイアウトで、アップルの「AirMac Express」は問題なく使えていたのです。こちらは802.11acに非対応で、5GHzは利用できず2.4GHzのみだけど、別の部屋でもトイレでも、どこでも使えていました(小さいのにすごいぜ)。

というわけで、開封&使用していたけれど、購入元のAmazonへ返品しました。Amazonはアメリカ企業ということもあってか、商品に不満があれば開封していても返品を受け付けてくれます。やりすぎると怒られるかもだけど、購入当日だし、箱も袋も全部キレイにあるし、返品&返金させてもらいました。

※アメリカはなんでもかんでも返品しまくります。スーパーで食べ物買って「食べなかったから返品」とか、洋服も「やっぱり似合わなかったから返品」とか、当たり前のように行われています。

もうしばらくは「AirMac Express」だけでやっていこうと思います。勉強なった!

スポンサーリンク

シェアする