【レビュー】EasyAcc PB10000CS 10000mAh 大容量 モバイルバッテリー

シェアする

スポンサーリンク

EasyAccさまより、10,000mAhの大容量モバイルバッテリー「PB10000CS」を提供いただきましたのでレビューです。

EasyAcc PB10000CS

http://www.easyacc.com/

これはなに?

PB10000CS_4

  • 容量10,000mAhの大容量モバイルバッテリー
  • モバイルバッテリーへ接続した機器を自動で判別する「Smartテクノロジー」により、最適な充電スピードを実現
  • USBポートが2つあるので、2台の機器を同時に充電可能
  • 持ちやすいラウンドフォルム。194gと薄型軽量のデザイン

外装はプラスチックですが、障り心地のよい加工でチープさはありません。ひっかかるようなスイッチ類もないので、カバンへスルっと忍ばせられます。どことなく、2.5インチのHDDケースを思わせるサイズ感。本体横にある白いボタンを押すことでモバイルバッテリーの残量を4つのLEDで確認できます。

194gという重さは、iPhone 6s Plusの192gとほぼ同等。iPhone 6は129gなので、なんとなくイメージしてみてください。超軽量というわけでもないし、ズシっと来すぎる感じもないです。

10,000mAhの大容量なので、スマホなら3、4回、タブレットでも1回以上フル充電が可能です。

P_20151006_205758

残念なのは、同社の4,000mAhのモバイルバッテリー「EasyAcc PB4000CB」のように、マイクロUSBケーブルを本体に内蔵することができず、ケーブルは別途持ち歩く必要があること。すべてを収納できる巾着のようなケースは付属していないので、ケーブルのやり場に少々困ります。

【関連】EasyAcc PB4000CB モバイルバッテリー 4000mAh USB充電器 Micro USBケーブル内蔵

内蔵されているのがお気に入りだったので、ちょっと残念。まぁここらへんはサイズ感との兼ね合いですよね。ちなみに、4,000mAhの「EasyAcc PB4000CB」は141gで、10,000mAhの本製品は194g。容量2倍以上なのに重量は53gしか増えていません。

そして大注目はモバイルバッテリーへ接続した機器を自動で判別する「Smartテクノロジー」。これにより、最適な充電スピードを実現できるということで・・・実験してみました。

Smartテクノロジー テスト

バッテリー残量がゼロになったタブレット(ASUS ZenPad 8.0)を3時間充電したときの電池残量を計測してみました。

比較したのは4つ。

まず、今回のモバイルバッテリーEasyAcc PB10000CS。

次にANKERのスティックタイプのモバイルバッテリー。

そして、高速充電に定評があるANKERの20W 2ポート USB急速充電器+Micro USBケーブル。

最後に、ZenPadに付属してきた標準の充電器とケーブル。

充電テストの結果

放電&充電を繰り返したところ・・・3時間経過したときのバッテリー充電率(残量)は・・・

  • ANKERの充電器&ケーブル:90%
  • ZenPad標準の充電器&ケーブル:84%
  • EasyAcc PB10000CS:70%
  • ANKER スティックタイプ:43%

という結果になりました! スティックタイプとの差が大きい!

さすがに壁のコンセントへ直結したときほどのスピードはないけれど、かなり肉薄していると言えるのではないでしょうか。

194gと持ち運びやすい重量で、壊れそうにもないデザイン。そして高速充電。飛行機に乗るときとか、キャンプのときに使いたいなーと思いました。飛行機、乗ってみてコンセントなかったときの落胆はすごいですからね・・・。

値段も安いのでオススメです!!!!!!!! 最近はアウトドア用のLEDライトもUSB充電できるものがありますし、便利に使えると思います。

レビューの依頼を募集しています

月間35万PV(2016年7月時点)のマガリスギサイトでは、さまざまな製品・サービスのレビュー執筆依頼を募集しております。以下のページからご連絡くださいませ。

お問い合わせ/仕事の依頼
月間35万PV(2016年7月時点)のマガリスギサイトへ広告・商品レビューを有償で掲載してみませんか? お問い合わせ・レビューなどの依頼は以下のフォームからメッセージを送信してください。...