SIMフリースマホ FREETEL Priori3 LTEを(いまさら)買った【私的日記】

シェアする

スポンサーリンク

私は約一年間、いわゆる「スマホ」は持たず、ASUSのタブレット「ZenPad 8.0(Z380KL)」のみで生活していました。

ZenPad 8.0(Z380KL)を二週間使ってみた【レビュー】
ASUSの最新Androidタブレット「ZenPad 8.0(Z380KL)」を二週間使ってみた感想です。もはやスマホには戻れない快適さです。

ZenPad 8.0は音声通話にも対応し、画面も8インチという手頃なサイズなので、WEBを見るのもKindleで本を読むのもYouTubeやDMM動画を見るのもとても快適でした。外付けキーボードがあればブログの製作くらい行えたし、ZenPad 8.0だけを持って東京の離島・青ヶ島へ遊びに行ったこともありました。

ZenPad 8.0を持って東京の離島・青ヶ島を旅してきた
「オフグリッド」の生活でもタブレットが活用できるかどうかの実証のため、ZenPad 8.0を持って東京の離島・青ヶ島を旅してきました。

だけど、四六時中ZenPad 8.0を使っている自分に危機感を持つようになりました。

現在の私は会社勤めのサラリーマンではなく、自営業者です。毎日が仕事で、毎日が休みのような生活。休みたいときにブラリと休める気軽さはあるけれど、うっかりするとこっちはオフ気分なのにメールやLINEがバカスカ届くことがあります。

意識して情報をオフにしないとパンクする・・・という危機感です。

そんなこともあって、まずヘイトに溢れるTwitterを止めました。

Twitter、やめました(アカウント削除)
「magarisugi」のTwitterアカウントは削除しました。ちーん。

Twitterのない生活はBADを伝染される心配もなく、実にすがすがしいものでした。バリゾーゴンを投げかけられることもなくなりました。

【外部サイト】誰も買収したくないTwitter。その理由は「ネットいじめ温床」のイメージ|ギズモード・ジャパン

そして、前置きがずいぶん長くなったけれど・・・SIMフリースマホ「FREETEL Priori3 LTE」を買いました。キャリアは変わらず安定のDMMモバイルです。

FREETEL Priori3 LTE

約1万円という超格安なSIMフリースマホです。

ディスプレイサイズは4.5インチなので、今となっては小型ですが、iPhone5より大きいです。ポッケに気軽に入れられます。

freetel_1

シンプルな背面に適度な品質のカメラ付き。スピーカーが背面下部にあります。

freetel_2

MicroUSBの充電コネクタとイヤフォンジャック。

freetel_4

1万円とはいえ、極端にチープな感じはありません。右側側面に電源キーと音量の上下キー。

freetel_3

いまのホーム画面はこんな感じ。かなり最低限にしています。なんというか、そんなのでいいかなーと考えています。

freetel_5

片方の眉毛を剃り落として山にこもるように、自分に入ってくる情報を制限しようと思います。

あえて使いづらいスマホにすることで自分の中に孤独やフラストレーションを貯め、余った時間をよりクリエイティブなことに使います。

なんつーか、ミニマムライフとかサードウェーブ系男子みたいな「洗練されたものだけを使っているこだわり男」が最新のiPhoneを持ってたりすると、なんか違うように思えるんですよね。

最近のiPhoneなんてちょーっと画面が大きくなったとか、ちょーっとカメラがよくなったとか、そんな変化しかありません(Macも)。冷静に考えたら、買い換える必要なんて一切ないハズ。Priori3 LTE使っている私の方がモテて欲しいと切に願っています。

かつて、インターネットは「サイバーレヴォリューション」と呼ばれ、意識を拡大させてくれる存在として迎え入れられました。LSDと同じ存在です。

だけど、LSDと同じく、その取り扱いを間違えると精神へ大きなダメージを与えてしまいます。他者との一体感が味わえる分だけ、BADを伝染されることもあります。ちょっと最近は過剰だったところがあったと思うので、少しだけシラフに戻ってみます。電車の中でボケーっとしたり、雑誌を読んだり、誰かにこの思いを伝えたいなーと悶絶したりしてみます。サウナや映画館ももっと行きたい!

バッテリーの減り方が早い気がするけど、Priori3 LTEなかなかいいですよ。本体の容量が少ないのでMicroSDで補完しています。

初めての人に安心な、ピンク色の冊子も付いています。

freetel_8

麻柄。

freetel_9

というわけで、もうすぐ20年目になるマガリスギサイトは3万円のPCと1万円のスマホで作られているのでした。余ったお金と時間で遊ぶ!!!!!!!!!