SoundPEATS Bluetooth イヤフォン Q800【レビュー】

シェアする

スポンサーリンク

SoundPEATSさまより、Bluetoothの無線接続で音楽が楽しめるワイヤレスイヤフォン「Q800」をご提供いただきましたのでレビューです。ありがとうございます!!!!

SoundPEATS Bluetooth イヤフォン Q800

これはなに?

スマホやPCとBluetoothを使ってワイヤレスに接続し、音楽を聞くことができるもの。マイクも搭載しているのでハンズフリー通話も可能。マイクロUSBケーブルで充電できる大容量のバッテリーを搭載し、10時間の音楽再生が可能。

q8001

先日レビューさせていただいた「Q9A」のバリエーションモデルという位置づけです。Q9Aについてはこちら。

SoundPEATS Bluetooth イヤフォン Q9A【レビュー】
SoundPEATSさまより、Bluetoothの無線接続で音楽が楽しめるワイヤレスイヤフォン「Q9A」をご提供いただきましたのでレビューです。

Q800は特徴的な「首輪スタイル」のBluetoothイヤフォンです。

q8007

BluetoothイヤフォンはBluetoothの受信装置やバッテリーといったパーツを内包するために、どうしても本体が大きく重くなりがちでした(それでもすごく小さいですが)。

先日レビューさせていただいた「QY7」の場合、そのすべてを耳の穴だけで支えるようになっています。

SoundPEATS Bluetooth イヤフォン QY7【レビュー】
SoundPEATSさまより、Bluetoothの無線接続で音楽が楽しめるワイヤレスイヤフォン「QY7」をご提供いただきましたのでレビューです。

しかし、耳の穴はそもそも何かを収納するような構造にはなっていません(だって聞こえなくなるもん)。そのため、長時間の使用は耳の穴に負担をかけがちでした。

しかし!Q800なら!映画「バトルロワイヤル」のような首輪の部分にBluetoothの受信装置やバッテリーといったパーツを内包させ、耳に突っ込むのは通常のイヤフォンと同じくらいの超コンパクトなイヤーピースのみ!!!!!!!!

これは盲点でしたね。こういうのもアリですね。これまでのBluetoothイヤフォンで耳が痛くなっていた人には福音です。また、首輪部分はとても柔らかい素材なので「ひとつウエノ男を目指す」のようなタートルネックの上からでも装着が可能です。

ueno

大きなネックバンド部分には、分かりやすく操作ボタンが並べられています。

q8003

ボタンはしっかりとクリック感があるので、操作を誤ることもありません。

q8004

電源はスライドスイッチ方式。ボタンを長押しする方法よりも素早く、分かりやすいです。スイッチの隣りはマイクロUSBの充電コネクタ。

q80012

ネックバンドの先端には小さなイヤーピースが磁力でくっついています。

q8009

ぱっと外すことができます。もうちょっと磁力が強くてもよかったような・・・。

q80010

イヤーピース部分はとても小さくて軽量なため、耳の穴に負担がかかりません。

q80011

ネックバンドの部分を首に掛けて、イヤーピースを耳に突っ込むというスタイルです。

P_20160205_193005_BF

ネックバンドはしなやかに動くので、首のサイズに関係なく使用が可能です。

q80013

それでは、早速いろいろ聞いてみます。。

聞いてみた

ふだんから聞き慣れている音源を聞いてみました。まずはこちら。

Q9AやQY7のときと同じく、Art of Lifeを聞いてみたところ・・・いいですね!音の広がりがちゃんとあって、低音もQY7のように小さすぎずQ9Aのように大きすぎず、聞きやすいです。小さなイヤーピースなので長い曲でも疲れません。

続いてこちら。

「カメライフ」を視聴。イントロの太いベース音もしっかり、跳ねるハイハットもキレイ。キックの音もちゃんと「ぶほっ」という感じで前面に出てくるのがよいです。ものすごく明瞭に音が分離しているわけではないけれど、ふつうにキレイに聞こえます。

続いてこちら。

「Drifter」を視聴。やさしい音で美しいです。ボーカルものは聞きやすいなー。

最後にこちら。

「Navras」を視聴。繰り返されるマントラは、叫ぶようなのはきちんと叫び声で、ささやくようなのはささやくように再生されており、しっかり迫力を感じることができます。ぶっといシンセベースも心地よいです。腹に響くような感じではないけど、いい感じです。

Q9AとQY7とQ800の比較

Q9Aにはガチっと装着される「イヤーフック」があるので、暴れても外れません。ボタンも押しやすいです。その代わりに、急いで外したいときでも外しづらかったり、メガネやマスクとの併用がしづらい点があります。

soundpeats5

QY7にはイヤーフックはありませんが、コンパクトな形状なので取り回しはQ9Aより楽です。ボタンの操作はやりづらく、バッテリーライフは6時間と、Q800の10時間に比べると物足りない印象です。

qy7_2

Q800は首輪部分があるので、どうしてもかさばります。ポケットにねじ込むことはできません。その代わり、耳の穴へ重みがかかることもないし、分かりやすく並んだ操作ボタンは感度良好です。

q8002

首に直接触れる部分がゴムのような肌触り(ポリウレタン製)なので、夏場などは汗をかいてしまいそうです。Tシャツの首回りより、襟シャツの首回りの方がよさそうです。耳の穴に負担がかからないし、ヘッドフォンのようにヘアースタイルが崩れることもないので、女性は特によいかと思います。そうなると黒色だけじゃなく、白色モデルなんかも欲しくなりますね。

One more thing…

商品説明に書いてなかったので気づかなかったけど、Q800をスマホ等とつなげているときに電話の着信があるとバイブします!しかもしっかり大きな振動です。

これ、もっとアピールしてよいんじゃないかしら。

たとえば、スマホ等とつなげるだけつなげておいて、音楽は聞かずに首にQ800をかけっぱなしにしていても着信があればバイブするのですぐに気づくことができて→通話ボタンを押せばすぐに通話が可能です。

手元にスマホがなくてもしっかりバイブしてくれるのは便利です!

総括

低音重視のQ9A、軽快な音のQY7と比較して、Q800はどんな曲でもオールマイティに対応が可能です。いままでのBluetoothイヤフォンだと耳の穴が痛くなっていた人でも快適に使えると思います。バッテリーも10時間持続するから、仕事中にずーっと聞くようなスタイルに向いていると思いました。

これでQ9A、QY7、Q800と使い比べてみましたが・・・以下のように使い分けしそうです。

  • お出かけの時:Q9A。低音のブーストされた音で外界からのノイズを消して、イヤーフックのおかげで落下の心配もなし。
  • 自宅で作業:Q800。長時間のリスニングでも耳に負担がかからず、バッテリーも長持ちする。着信があったらバイブでお知らせ。
  • 気楽に聞くとき:QY7。もっともコンパクトなサイズ。ネットラジオやYouTubeにピッタリ。

Q800をオススメな人

いままでのBluetoothイヤフォンだと耳が痛くて大変だった人。長時間のリスニングをする人。

Q800をオススメできない人

ランニングなど、アクティブな用途に使いたい人。頻繁にカバンへ入れたり出したりする人。低音ゴリゴリな極悪な音を好む人。

ありがとうございました

SoundPEATSさま、サンプル提供ありがとうございました!!!! またおもしろいものがありましたらご連絡ください!

レビューの依頼を募集しています

月間35万PV(2016年7月時点)のマガリスギサイトでは、さまざまな製品・サービスのレビュー執筆依頼を募集しております。以下のページからご連絡くださいませ。

お問い合わせ/仕事の依頼
月間35万PV(2016年7月時点)のマガリスギサイトへ広告・商品レビューを有償で掲載してみませんか? お問い合わせ・レビューなどの依頼は以下のフォームからメッセージを送信してください。...