iPhone 6s/iPhone 6s plusを買わない理由

シェアする

スポンサーリンク

今夜にも発表されそうな、アップルの最新スマホ iPhone 6s/iPhone 6s plus。バッテリー駆動時間が延びるとかカメラが高画質化するとか「Force Touch」が搭載されるとか、いろいろウワサされていますが・・・

【外部サイト】まとめはこちら! イベント開催直前! アップルイベント最新情報:iPhone 6sではバッテリー持ちが良くなるかも? : ギズモード・ジャパン

まぁ、買わんよね。

理由はただひとつ、値段が高すぎるから(予想では9〜13万円)。

私のスマホはASUSの「ZenFone 5」という機種で、3万円弱でした。数千円で買った64GBのMicro SDカードを入れているので記憶容量にも余裕があります。iPhoneで64GBモデルは10万円以上します。

私もかつてはアップル信者でした。アップルの製品はとりあえずすべて買って、生活がどんどん新しくなっていくことを楽しんでいました。

だけど、ふと気づきました。

インターネットを使って情報をたくさん手に入れられる時代。たとえば、「回転寿司を食べに行こうよ!」みたいなときは、コスパのよい店をみんなとことん探します。デリヘルでもそうだと思います。写メ日記をひたすら見て、ちょっとでもよさそうなのを吟味します。

だけど、iPhoneは違いました。手に入れる情報は「iPhoneを買うための理由づけ」であり、「買うよ」という結論ありきの行動でした。

最近、いろんなメーカーさんからサンプル品を提供いただいてレビューを書くことがあります。そこで気づいたのは「知らないメーカー品でも、ちゃんとしてるんだな」ということでした。バッテリー買うならANKERでしょ、とか、イヤホン買うならSHUREでしょ、みたいな思い込みは、逆に情報弱者になっていました。

フラットな気持ちで情報を収集して結論を導き出すのか、結論はすでにあって情報を集めることで安心するのか。

先日炎上した、総理夫人の大麻畑騒動と似てますね。安倍憎しでなんでもやっちゃうという。

【関連】【まとめ】安倍家の大麻畑デマ炎上

アップル自身が言うように、iPhoneって世界最高のスマホなんですよね。だからお値段もプレミアプライスです。たしかに素晴らしいのだろうけど、メールやネットだったら3万円のスマホでもできます。

私は自分の身の丈を考えると、さすがに10万円は払えないな、という結論になるのでした。