名村大人遊園地、終わりました

シェアする

スポンサーリンク

11月8日・9日、大阪 名村造船所跡地で行われたアートイベント「名村大人遊園地」でヘクサユルトのワークショップを開催させていただきました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました!楽しい時間でした。

ヘクサユルトはまだまだ日本では知られていない存在ですが、12枚の板を使って作る六角形の簡易住居です。今回は大和板紙 株式会社さまにご協力いただき、牛乳パックを再利用して作られたダンボール「ミルダン」を使用しました。ダンボールの概念を超える強度、ペイントできる白さ、素晴らしい材料でした。

次々と作られるヘクサユルト

ダンボールをカットし、ガムテープで貼り合わせ、みんなでよいしょっと持ち上げる。実質、組み立てだけなら15分で完成です。

なかもと りえこさんによるペイント

子供たちの秘密基地として、アーティストたちのアートスペースとして、ヒーラーたちのヒーリングスペースとして、さまざまな活用方法にワクワクさせられます。バラせばまた板状に戻るので、超お手軽。

このワクワクをもっと広めるため、今後も制作ワークショップができそうな場所やイベントなどがありましたらお声がけくださいませ。私自身もヘクサユルトの知識を増やしていきます。CADがんばって説明書も作るかー。

内部は子供たちの自由なお絵かき空間。動物の絵を描くあたり、ラスコー洞窟と同じ!

いやほんと、今回こういったアートイベントに参加して改めて「モノヅクリ」の楽しさ、さらには「みんなで作る」楽しさを知りました。ワイワイいいながら作って完成してワーって盛り上がって、作られたモノを使ってまた遊んで・・・人生でこんな楽しい時間があっていいのかというくらい、楽しかったです。

12月23日・24日に群馬県の廃校 さる小を使って「雪だるMAAAAHHHH!!!!」というイベントを開催します。これは音楽フェスではなく、「みんなで大きな雪だるまを作る」という、ゆる〜い集まりです。雪だるまのまわりにはキャンドルを並べたり、花火が噴出される仕掛けを作ったり、プロジェクターで映像を投影したり、大人の子供遊びを計画中です。

みんなでひとつのモノを作るという楽しさ、共通の緩やかな目的(緩やかというのが大事)に向かって協力した後の爽快感、一体感、見たことのない銀世界や新月空けの星空、温泉、たくさんの布団で雑魚寝トーク、暖かい煮込み料理などなど・・・。

そんな非日常、日常のすぐ側にある非日常を一緒に体験できたらと思います。マガリイベントは2014年、これでおしまい!

名村大人遊園地オーガナイザー サハラさん、バーニングマンエリアの統括 楢崎さん、大和板紙 株式会社さん、ヘクサユルトにペイントしてくれたなかもと りえこさん、ヘクサユルトの考案者Vinary Guptaさん、そしてたくさんのスタッフ、アーティスト、お客さん、本当にありがとうございました!また来月も関西行きますんでーーー。