花粉症シーズンなので2015年を振り返って2016年の対策を考える

シェアする

スポンサーリンク

今年もキマした。花粉症のシーズン到来です。もはや杉山に火を付けて麻畑に取り替えてやりたいくらい、目とか鼻とか大変になるシーズンです。仕事の能率も下がるし、出費は増えるし、どうかしているこのシーズン。早めの対策ということで、2015年に試したことの振り返りを踏まえていろいろ考えてみました。

2015年に花粉症で試したものまとめ

振り返ってみたら、いろいろ試していました。効果が実感できたもの・よく分からなかったもの、まとめてご紹介します(あくまで私個人の体験です)。

カルピス アレルケア

ぜんぜんダメだった!2ヶ月じゃ効果が出ない?お腹の調子含め、なにひとつ改善された気になりませんでした。定期宅配の申し込みはネットからオンラインでできるのに、解約はフリーダイヤルへ電話というのも面倒くさい。さらに、3回の発送(2ヶ月ごとなので約半年)の契約が基本で、それより手前に解約しようとすると渋られます(解約できないワケではない)。

じゃばら

効いた気がする。値段が高いのと、果汁100%は強烈な味なので「割る」用のカルピスなり蜂蜜が必要なこと、果汁100%ではないタイプは甘すぎることが難点。ナリルチンという成分がかぼすの30倍近く含まれているのが効く理由ぽいのだけど、それならかぼすを30個食ってた方が安いのでは・・・と思うことしばしば。

甜茶

ずーっと昔から飲んでいるけど、よく分かりませんでした。独特の甘さが苦手です。

アレグラジェネリックの輸入品

アレグラジェネリック(Fexadyne)180mg

探し回った結果、ここのお店が一番お得でした。

もうこれなしでは生きていけません。日本のものより有効成分フェキソフェナジンの含有量が3倍以上あるんで、毎朝一粒飲むだけでOKなのもありがたいです。価格も圧倒的に安いです。

新しい目薬

花粉症の目薬ってシーズンが終わったときに使い切らなかったものが残ることがあります。それを「来年も使おう」と思って使い回してたら、ぜんぜん効かなくなってました。新しいのを買ったら効く効く!というわけで、安いのでもいいから毎年買うの大事ですね。そして、花粉症シーズンに症状が出ていないとき(かゆくないとき)でも定期的に使っておくことも大切だと知りました。

高価な目薬もあるけれど、「マリンアイ」は安くてしっかりとした成分が入っているので素晴らしいです。

空気清浄機

もう何年もPanasonicのナノイーが出る空気清浄機を使っていますが、本当に室内の空気がクリアーになっているのか、花粉が抑制されているのか分かりません。そんなに気流が強くないし、かといっていつも気流最大にしてたらうるさい&寒いし。気休めの気休めですな・・・。

家でもマスク

実は一番効果があったのはコレでした。外に出ないときでも、いつでもマスク。ちょっと悲しい姿ではありますが、マスクは最強です。安いのでもいいから、毎日マスクを使い続けるのがコストパフォーマンス含めて一番よいかもです。

まとめ

コストを考えると、毎日アレグラジェネリックを飲み続けているのが一番安いです。薬を飲み続けるのはちょっと・・・という気もあったけど、有効成分を薬から純粋に取るか、食べ物からついでに取るか、どっちがよいかは一概に言えず。これからは、アレグラの利用を続けつつ、できる限りマスクを使って、目薬は毎年買い換えて、おまけでじゃばらを買っていれば大丈夫かなと思いました。