お花見をちょっと楽しくする、グランピンググッズ10選

シェアする

スポンサーリンク

sakura

今年もついに来ました!花見のシーズンです!フェスセックスならぬ、花見ファックを目指して「お花見をちょっと楽しくする、グランピンググッズ10選」をご紹介します。今年こそはモテちゃいましょう(ФДФ)キー!

レジャーシート

桜が咲いても、まだまだ寒いこの季節。女の子に冷えは大敵!子宮を温かくするのは大切!ということで、断熱素材で作ってあるレジャーシートを持ち込みましょう。こちらの商品はデザインもかわいいし、折りたたみも簡単。サイズは178×136cmというシングルベッドサイズなので密着感にも期待ができます♡

ブルーシートの上に寝転がらせるのはビッグダディだけ!(キャンプという名目で子供たちを海に連れて行き、ブルーシートを広げて「おい、寝るぞ」と一言)

ティッシュペーパー

手を拭いたり、こぼれたお酒を拭いたりいろいろ便利なティッシュペーパー。花粉症の女の子にもやさしく接することができます。そんなときにふつーのティッシュでは盛り上がりません!ここはお馴染みの「キムワイプ」で!!!!! これが何なのか、どう優れているのか分からなくても「研究室で使っててさ・・・」とか言えば、バカな女の子はキムワイプで拭ききれないくらいに濡れ出してくるハズ!!!!!

溶岩プレート

まわりがドンキで買って来たようなしょーもない総菜や冷えたケバブを食べているころに・・・熱々の焼き肉を溶岩プレートで!!!!!! これはマジでウマイです。「余計な油が落ちるからヘルシーだよ」とか「塩だけでもおいしいよ」とか言えば、だいたい大丈夫かと。さらにこれ、大人数分を焼くことはできないので「キミだけ特別だよ」な雰囲気をしっかり作り出せます。

ラブショット

こんな名前だけど、決してエログッズではありません。「ひとりでは飲めず、ふたりで同時に吸い込むお酒ゼリー」です。アルコール度数は10度。そしてこれ、上手に飲むにはキンキンに冷やしていないとダメなのです。花見の席でそんなことは不可能・・・というわけで、だいたい失敗してムチャクチャになるので、トラブルこそがチャンスというやつです。

USB電源で発熱するひざ掛け

夕方くらいで寒い寒い言い出して帰りたがるような女の子には、USB電源で発熱するストールを渡してみましょう。スマホ用のモバイルバッテリーで、しっかりと温かくなります。

だいたいみんなこういうものの上にお酒をこぼすので、洗ってから返してもらう約束を取り付ければ連絡先を交換する口実が作れます。積極的にこぼさせましょう。

座椅子

イスとテーブルで花見をする人もいますが、人数分きっちりないと目線に差が生まれてしまいます。そんなときは座椅子がオススメ!これなら、レジャーシートにそのまま座っている人も、イスに座っている人も同じ目線で過ごすことができます。そして、アホな子が座椅子に座るとパンツが見えがちです。鬼の形相で見まくってやりましょう。

ロングスカート

ちょっとイレギュラーですが・・・お花見で大変なのはトイレの混雑っぷり。そんなことを話していたら「花見の時にロングスカートを履いている女の子はみんな野ションしてるよ☆」という、マスコミが報じない事実を知らされてしまいました。さりげなーくしゃがみこんで、スカートの中ですべてを完結させている、と・・・。真実は闇の中ですが、ロングスカートがあると便利かもです。

野点セット

おっとこれはマジメな商品。野外で抹茶を点てられる、野点(のだて)セットです。すごくコンパクトだし、アウトドアメーカーのモンベルが作っているという意外性もあるのでオススメです。

キンキンに冷やしたジンで作ると、砂漠のお茶会を彷彿させます。

ソニックアワー ポータブル

花見の席できめ細かな泡のビールが飲みたい!というときにはコレ。缶ビールでも大丈夫な、超音波式ビール泡立て器・タカラトミーアーツのソニックアワー ポータブル。

コップのフチに当ててスイッチを押すと、超微細な振動が発生し・・・モコモコとビールに泡が産まれるのです。

そして、ふと閃いてしまったのですが「超微細な振動で泡」というのは「電マによる潮吹き」と近似値なのでは。試す価値はありそうですよ!

備えあれば・・・


タダリフト20mg(Tadalift)

服用後30~40分程度で効果を発揮し、最長36時間程度持続するED治療薬。これなら連続連夜のウッフンナイトでもすべて対応が可能!ジェネリック医薬品ということで安いみたいです。アルコールとの併用は十分に気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 春はいろんなことが始まるシーズンです。桜色の観音様を目指して、ぜひ参考にしてみてくださいね!あと、女の子は花見シーズンの盗撮には本当に気をつけてください。野ションスポットで待ち構えている人、マジで多いので・・・(酒デリックはほどほどに)。