【レビュー】Original Xiaomi Smart Mi Air Purifier 空気清浄機を試してみた!

シェアする

スポンサーリンク

ありとあらゆる品揃えで、かつての混沌としたインターネット時代を彷彿させてくれる中国の超巨大ショッピングモールサイト「Gear Best」。スマホの安さもハンパないですが・・・今回はちょっと趣向を変えて、ずっと気になっていたシャオミー(Xiaomi)の空気清浄機です!

中国・北京に本社を置くシャオミーはハイスペックなスマホを低価格で次々にリリースし、「中国のアップル」と言われるほどに急成長しました。さらに、空気清浄機やロボット掃除機などの家電製品も手がけており、おいこりゃすげぇなという状態です。

Original Xiaomi Smart Mi Air Purifier

Gearbest Original Xiaomi Smart Mi Air Purifier

Original Xiaomi Smart Mi Air Purifier

「Original Xiaomi Smart Mi Air Purifier」はとてもシンプルな空気清浄機。日本メーカーの空気清浄機にありがちなプラズマクラスターとかナノイーとかの目に見えないナニカを放出する機能はなく、ぶっちゃければ「空気を吸い上げてフィルターを通して吐き出す」だけのマシンです。

加湿機能もないため、メンテナンスは非常に容易。基本的には連続使用で、フィルターが汚れたら交換するだけです。交換用のフィルターは「Gear Best」から約5,000円で購入可能。PM 2.5の警戒もあり、空気清浄の熱意は中国でも強そうです。

Gearbest Original Xiaomi Mi Air Purifier Filter - Economic Version
Original Xiaomi Mi Air Purifier Filter – Economic Version

カタログスペックではスタンダードモードで1時間あたり330立方メートルの空気清浄が可能。天井の高さを2.5mとすると、縦横11.5mくらいになるので・・・6畳よりも少し広くて、8畳よりも狭いくらいの範囲でしょうか。

リビングのメインとしてガンガン使う感じではなく、ベッドルーム向けと言えるかもです。

Original Xiaomi Smart Mi Air Purifierを選んだ理由

我が家にはご多分に漏れず、パナソニックのナノイー搭載 加湿空気清浄機がありました。購入したのは約10年前。購入当初はよかったけれど、数年使っていたら「静音」モードでも「ぶい〜ん」という電マのような音を発するようになってしまいました。

また、加湿フィルターはコマメに掃除をしつつ、それでもやっぱり「これ、本当にキレイな空気を出しているのかな・・・加湿とともにカビをばらまいてないかな・・・」という懸念がありました。

本体サイズの大きさも気になっていました。空気清浄機能は年中使っても、加湿機能なんて空気が乾燥する冬場しか使いません。もっとコンパクトにしたい!と考えていました。

Original Xiaomi Smart Mi Air Purifierの外観

「Original Xiaomi Smart Mi Air Purifier」はスリムなタワー型。床の専有面積はA4用紙より小さい範囲です。

本体上部のファンが回転することで、側面の吸気口から空気が吸い上げられてフィルターを通過して上部へ放出されます。

各部の説明や付属の説明書はすべて中国語表記です。まぁ、なんとなく分かるし、ややこしい操作を伴うものではないので大丈夫でしょう。

コンセントは中国の3ピン「O型」のため、日本の2ピン「A型」への変換アダプタが必須です。

私はこれを買いました。

変換アダプタを付けるとコンセント部分の長さが大きくなります。壁に差すと少しジャマな感じ。テーブルタップなどで工夫しましょう。

Original Xiaomi Smart Mi Air Purifierを使ってみた

Original Xiaomi Smart Mi Air Purifierは操作もシンプルです。本体にはボタンがひとつだけ。「自動」と「エコ自動」のような、ややこしい選択肢はありません。

電源OFF状態から1回押すと自動モード、2回押すとナイトモード(スリープモード)、3回押すとフェイバリットモード(お気に入り設定)、もう1回押すと最初の自動モードへ戻ります。電源をOFFにしたいときはボタンを長押し。動作表示も小さなLEDなので、明かりをすぐに消したがる女の子がいても大丈夫そうです(LEDの点灯をオフにすることもできます)。

細かな設定はスマホのアプリから設定します。Original Xiaomi Smart Mi Air Purifierはいわゆる「IoT家電」なので、これ本体がインターネットへ接続を行い、ネット上から大気汚染情報をキャッチすることも可能です(日本は対象外ですが・・)。

スマホですべての操作が行えるのは非常によいですよね。本体がすぐそこにあるのにリモコンが見つからなくて操作できないという珍騒動を防げます(もっとも、Original Xiaomi Smart Mi Air Purifierのような「常時ON」家電だとそれほど操作する必要がないというのも事実)。

オートモードの動作音は非常に小さく、もはや動作音が聞こえないレベルです。ハイパワーにすると、さすがにぶーんという音が鳴りますが、耳障りな音ではありません。

側面から吸い上げて上部に吐き出すという構造のため、本体の上には何も置かないように気をつける必要があります。ネコに上で眠られないように注意 (ФωФ)

肝心の空気清浄機能の性能については・・・花粉シーズンでもないし、ヴェポライザーやダブ以外の喫煙はしていないし、正直まだよく分かっていません。ポジティブに考えれば、分からないというのは効果が出ているのかもしれません。

ひたすらゴテゴテと付加機能を付けてややこしいことになっている国産の家電製品より、説明書を読まなくても(読めなくても)なんとなく使えてしまうXiaomiは・・・よいと思います!!!!!!!!! すごく気に入ってます!!!!!!!!! またレポは追記していきます。

Original Xiaomi Smart Mi Air Purifier

Gearbest Original Xiaomi Smart Mi Air Purifier