意外な実力派!Omaker アロマディフューザー 200mL 超音波式加湿器【レビュー】

シェアする

スポンサーリンク

Omakerさまより、オシャレな新生活にピッタリな「Omaker アロマディフューザー 200mL 超音波式加湿器」をご提供いただきましたので、使用レビューです。ありがとうございます!

Omaker アロマディフューザー 200mL 超音波式加湿器 OMC110

アロマオイルを超音波で拡散させる、アロマディフューザー。加熱式と違って、ヤケドや火事の心配がありません。

0930も喜びそうな素敵な箱に入っています。

aroma_2

メーカー名は「オメーカー」と発音するのかしら。「コー」じゃないと思うけど・・・。

aroma_1

本体、水を注ぐためのカップ、ACアダプタ、日本語の説明書とカード。

aroma_3

素材はすべてプラスチック製。ベース部分がウッディーな雰囲気ですが、こちらもプラスチックです。

aroma_5

本体と水を注ぐためのカップはキレ味よく、おこぼれがありません。

aroma_4

本体の透明のカバーを外し、フタを開けるとこんな感じ。

aroma_7

内側の線まで水を注いで、アロマオイルを数滴DROPします。

aroma_8

本体の操作はカチカチというスイッチと、小さなLEDで分かりやすいです。

「Aroma」のボタンを一回押して「ON」を点灯させると、連続でアロマ放出して8時間で自動オフ。二回押すと、連続でアロマ放出して2時間で自動オフ。三回押すと20秒のアロマ放出→10秒停止を繰り返し、4時間で自動オフ。

左側にある「Light」ボタンを押すとルームランプのように本体が優しく発光。さまざまな色にゆっくりと変化していく、マルチカラーのライトです。お気に入りの色で発光しているときに、もう一度ライトボタンを押すことで、その色で明かりを固定することができるので、「今日はムーディーに赤色にするぜ」とか「今日はクールなブルーにするぜ」といった多彩な楽しみ方が可能です。

aroma_6

小さすぎるサイズだと性能に不安が残りますが、本機はそこそこBIGで頼れる感じ。CDJのターンテーブル部分くらいの大きさです。

aroma_10

Omaker アロマディフューザーを使ってみた

電源につなげてミストボタンをON。きちんとクリック感のあるボタンだから、操作も分かりやすいです。

すぐに上部の穴から白いミストがもくもくと昇ってきました。加熱された蒸気ではなく、振動によるミストなので触れても熱くありません。

aroma_9

そして・・・アロマが香ります!しっかり強いです。

想像以上にしっかり機能していますね。ベッドルームで使うくらいなら、十分すぎる性能だと感じました。

アロマのミストは本体上部・精液だまりのような部分から放出されるため、「上」を目指します。斜めに放出されるわけではないので、広い部屋全体を香らせたいときには、扇風機のように空気を攪拌するものと併用した方がいいような気がします。

ライトの機能はまぶしすぎず、ナイトライトとして使うなら十分な雰囲気を持っています。明るさを調整することはできないので、このライトだけで読書をするのは困難に感じました。

花粉症にオススメのアロマオイル

さて、春の季節は花粉症に悩まされている方も多いと思います。私もそこそこ花粉症。杉山を燃やして、かわりにあんなものこんなもののタネをバラまきたい衝動にもかられますが・・・

花粉症の症状を軽減してくれそうなアロマオイルをご紹介します。

まずは定番のティーツリー。男性の部屋で香っていても違和感のないものです。

ユーカリは集中力アップにも効果があるとされ、集中したいときに別のものを使用する頻度も減らせそう。

ペパーミントの爽快感で鼻づまりを解消。使いすぎると身体全体が冷えてくるように感じることもあるので気をつけましょう。

マートルは花粉症の典型的な症状、鼻水・鼻づまりに効果があるとか。

ありがとうございました

Omakerさま、サンプル提供ありがとうございました!!!! またおもしろいものがありましたらご連絡ください!

レビューの依頼を募集しています

月間35万PV(2016年12月時点)のマガリスギサイトでは、さまざまな製品・サービスのレビュー執筆依頼を募集しております。以下のページからご連絡くださいませ。

お問い合わせ/仕事の依頼
月間35万PV(2016年7月時点)のマガリスギサイトへ広告・商品レビューを掲載してみませんか? お問い合わせ・レビューなどの依頼は以下のフォームからメッセージを送信してください。折り返...