ショーン・Kは稀代のメディア・アーティストだ

シェアする

スポンサーリンク

学歴詐称問題で揺れるショーン・K氏。私はスペシャルK以外のKは知らなかったので、お茶の間の衝撃やら現場のドタバタも想像するしかないのですが・・・

まぁ、帯番組のメインで構えていたフジテレビは大変だろうな、と・・・。

モーリー・ロバートソンが後釜になるとかいうウワサはどうなんでしょうね。イケメンセレブオヤジからサブカルハゲオヤジへ(失礼)。

※いまから10年前くらいにモーリー・ロバートソンのラジオ番組にゲストで出してもらったことがあります。1時間くらい喋ったのに、音声データを「MD」でもらったため、もはや聞くことすらできません。

で、ここまで学歴詐称や経歴詐称がしっかりしていると、もはや稀代のメディア・アーティストのように感じます。バンクシーとかアノニマスにも通じるような、メディアを巧みに利用するアート活動です。

叶姉妹が姉妹でもなければセレブでもなかったように、やまぐちりことやまぐちりくも違ったように、素晴らしいファンタジーだなと。

先日の「【簡単】学歴詐称で使えそうなプロフィールの書き方【便利】」のエントリで表現したように、インターネットって真実を知るツールじゃなくてウソを大きく見せられるツールとしても使えます。

【簡単】学歴詐称で使えそうなプロフィールの書き方【便利】
DJのプロフィールのように盛りまくった学歴詐称が話題の昨今。誰だってエグゼクティブになれそうな書き方を考えてみました。あとは日サロに通うだけ!

・・・だって、DJ○○ちゃんのFacebookページ、ページそのものへの「いいね!」は数万あるのに、投稿に対する「いいね!」が10個くらしか付かないのって・・・おかしいけど、おかしいと気づかない人もいるわけで・・・。

ぜひ、ショーン・K氏には開き直ってもらって、「騙されるオマエらの方が悪い」くらいの勢いでセミナーとかやってもらいたいです。そのことが、次に騙される人を減らすことにつながっていくはずです。

え?SODの女子社員も違うの?あれは真実でしょ?だってイベントのときリクスーでがんばってたよ?

・・・もはや、信じられるのは自分の精神世界のみ!!!!!!!!