覚せい剤をネタにした情報商材サイトが新しい

シェアする

スポンサーリンク

世の中にあふれる情報商材サイト・・・。お金持ちになれるとかモテるとかヤセられるとかハゲが治るとかいろいろあって、だいたいがクソ長文で、最後の方に「資料請求はここをクリック」みたいなのがあって・・・と、ほぼテンプレ化していますが・・・

ついにこんなのも登場!

胸を張って生きていこう 覚せい剤を楽に止めて忘れて社会復帰した私が開設している違法な薬を止める決心をしたあなたへの無料相談室

http://ameblo.jp/kakuseizaidamezettai

覚せい剤が止められないと悩んでいる人(や、その家族)に向けて・・・「資料請求はここをクリック」させるサイトです。制作者は元・覚せい剤中毒で逮捕歴もあるという人。

いや、もしかしたら本当に善意でやっているのかもだけど・・・ブログを全文読んだところ、すべての結論が「資料請求はここをクリック」になっているし、描写に具体性がないというか、ネットで拾ってきた文章な感じがします。

※もし違ったらゴメンナサイ。

ついでに、覚せい剤の使用は法律で禁止されており、覚せい剤取締法41条の3第1項1号にて使用は懲役10年以下とされています。そのため、刑事訴訟法250条4号により時効成立までは7年です。

尿検査とかで陽性反応が出ない限り、物証なしで使用を立証することは難しいだろうけど、あんまりノコノコと「使ってましたー」と名乗り出るのは・・・いかがなものかと思います。

でもちょっとコレ、新しいパターンですね。お金持ちになれるとかモテるとかヤセられるとかハゲが治るとかと同じくらい、シャブ中がいる時代ということでしょうか。

ちなみに、田代まさしさんも語っておられましたが、もともとは医薬品として研究開発された覚せい剤より、デタラメな作り方をしている危険ドラッグの方がよほど危険なので・・・ダメ、ゼッタイ!!!!!!!!

願うことは、ピース、ワンラブ。