【\(^o^)/オワタ】ひかりの輪だけ書類送検される【旅行業法違反】

シェアする

スポンサーリンク

実はずっと気になっていた(いろんな意味で)、ひかりの輪の「聖地巡りツアー」。旅行業違反で書類送検されました。

ひかりの輪

http://www.joyus.jp/hikarinowa/

念のため書くと、ひかりの輪ってのはオウム真理教の幹部だった上祐史浩氏が代表を務める任意団体です(宗教法人ではない)。オウムの分派と見なされ、団体規制法に基づく観察処分の対象になっています。そして今回の書類送検はこちら。

【外部サイト】「聖地巡り」を無登録で… ひかりの輪副代表、旅行業法違反容疑で書類送検 – 産経ニュース

送検容疑は、同法に基づく登録をせずに長野県内で旅行を計画し、平成26年4月ごろからホームページで参加を募集。宿泊先を予約して同年5月31日、参加者から代金や報酬など数万円を受け取ったとしている。(上記、産経ニュースの報道より引用)

うーむ・・・、その「聖地巡り」というのはこちらです。

【外部サイト】聖地巡り // ひかりの輪

「旅行業法」とは、「報酬を得て交通やホテルといった旅行ツアーを販売できるのは登録している会社だけだよ」という法律です。旅行業の登録がないと、旅行ツアーを販売することはできません。トラブルに備えて、登録にはものすごく高額な保証金が必要になっています。旅のパンフレットの下の方に小さい文字で番号が書いてあったりするやつです。

旅行業法

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27HO239.html

旅行の目的地及び日程、旅行者が提供を受けることができる運送又は宿泊のサービス(以下「運送等サービス」という。)の内容並びに旅行者が支払うべき対価に関する事項を定めた旅行に関する計画を、旅行者の募集のためにあらかじめ、又は旅行者からの依頼により作成するとともに、当該計画に定める運送等サービスを旅行者に確実に提供するために必要と見込まれる運送等サービスの提供に係る契約を、自己の計算において、運送等サービスを提供する者との間で締結する行為(旅行業法 第一章 総則 第二条 一より)

【外部サイト】旅行業とは?:旅行業登録ナビ 第一種,第二種,第三種旅行業登録申請の代行

つまり、厳密にいうと学生団体とか社会人サークルがやってる「みんなで地方の祭りへ行こうぜツアー」みたいなのは、旅行業の登録をしていなかったらNGなんですよね。

OKなもの

  • 旅行業の登録を行った会社・団体の募集
  • 電車賃やホテル代は現地で各自が支払う募集

NGなもの

  • バスをチャーターして「ひとり1万円です」とアナウンスして参加者を募集(参加者は代金をその団体へ支払う)
  • みんなで古民家ホテルへ泊まろう!として、料金をアナウンスして参加者を募集(参加者は代金をその団体へ支払う)

これを回避するためには「宿と交通手段の手配は各自でやってください」になるんだけど、そうすると「地方の祭りへ行こうぜ」とか「フジロック行って3日で5人とセックスしようぜ」みたいに自主コンテンツではないものは、儲けを上乗せするタイミングがなくなります。行った先でコンサートをやるような自主コンテンツだったら、宿と交通手段の手配は各自でやってもらった上で、イベント代っていう名目で別途徴収できるんだけどね。

まぁ今回のことは「ひかりの輪だからやられた」のだと思いますし、ほかの団体へ飛び火して「学生団体とか社会人サークルのバコバコバスツアー\(^o^)/オワタ」になることは(よくも悪くも)ないんだろうけど、おおっぴらにやるときは気にした方がよいでしょうね。

考えられる壊滅パターンとしては、学生団体とか社会人サークルのツアーに参加→なにか揉めた(おっぱいのことではない)→恨みを持った参加者が通報→旅行業法違反が発覚、みたいな感じですかね。

そうならないためにも、オリジナルコンテンツを作り続けていきましょう!