妊娠菌ビジネスがもはや狂気【トンデモ】

シェアする

スポンサーリンク

ありとあらゆるものを取り扱うビジネスマンから聞いた衝撃的な言葉。

「マガリさん、いま一番アツイのは「菌」ですよ」

「菌? ボツリヌス菌とかシロシビンの菌とかですか?」

「そんなのよりもっとヤバイです。妊娠菌です」

・・・な、なんだと・・・。

妊娠している人に触れると自分も妊娠できるというジンクス(?)にあやかった妊娠菌。フリマアプリには「妊娠菌付き」を歌うアイテムが多数出品されています。

Screenshot_2015-07-21-15-36-17

もはやここまで来ると、スピリチュアルでも縁起を担ぐでもなくワラにもすがるでもないような・・・。

母乳ビジネスのときにも感じたのだけど、セックスや妊娠といったデリケートな話題にインターネットが融合すると、こういう方向へ向かってしまうこともあるのだな、と・・・。

インターネットで情報がたくさん入ってくる→他人と比較する→自分だけうまくいかないことに悩む→改善策を探すが、ない→トンデモない話でも、ついすがってしまう。

「こうあるべきだ」というのが、情報革命の世界においては拡大してしまったな、と。

当マガリスギサイトは、世界中のヘンテコな情報や変性意識体験を発信して、世界の見え方にバリエーションをつけられるようにしています。オルタナティブ・ヴァリューや、アナグラム的な楽しみ方です。そういう世界を知ることで「こうあるべきだ」という呪縛から少しでも逃れることができ、それぞれの幸福を追求できる世界になっていけばよいなと思います。