映画「美しき緑の星」が発禁の理由

シェアする

スポンサーリンク

フランスで作られた映画「美しき緑の星」が、発禁になったりインターネット上から削除されているそうです。

【関連】「美しき緑の星」の日本語字幕版を見た【動画リンク付き】

美しき緑の星 La Belle Verte

http://belleverte.net/

↑現在のサイトは簡素な作りなので、監督のコメントなどを読みたい方はInternet Archivesから

コリーヌ・セロー監督
1996年フランス/90分

で、縄文エネルギー研究所の中山康直さん(大麻柄のTシャツがカッコいい)が発禁の理由を語っています。

まとめると「この映画は人々を旧来の考えから「切断」し、意識を目覚めさせる。これは体制側には不都合だから圧力をかけてるよ」という、まぁよくある陰謀論とか大手メディア嫌いとか体制批判みたいなもので・・・

まぁなんつーか・・・典型的な・・・渡辺文樹の手法!!!!!!! 「失神者続出」とか「見たらゲロを吐く」とか「公安からマークされている」という言葉で盛り上げる渡辺文樹の手法!!!!!!!

kim

渡辺文樹って、ある日突然こういう段ボール製の看板が街をジャックする、アレね。ザザンボとか御巣鷹山とか。

で、「インターネットの動画サイトに日本語字幕版をUPしてもすぐに削除される!これも国家権力のせいだ!」なんていう意見も交わされていますが、「志村けんのバカ殿様」をUPしても削除されます。動画サイトのアルゴリズムが、尺が長い映像をチェックして映画ぽければ問答無用で削除しているだけ。誰かを敵視したり、疑う必要なんてないのに、気がついたら攻撃的な態度になっています。

ここらへんは渡辺文樹より一歩進んだ宣伝手法ですね。文樹時代の「公安のせいで上映できない」という情報は、あくまで渡辺文樹が発信するものだったけど、いまだと無数のインターネット民が動画をUPして自動で削除されて「国家権力のせいで削除された」と、各自が情報発信してくれます。ええやり方や〜〜〜。

動画これね。読み込みに時間かかることあるけどゆっくり待とう。

↑もし消されてたら、それは国家権力のせいだから!せいだから!

んで、ちょっと調べたらアメリカのAmazonでもイギリスでもフランスでも日本でもDVDが販売されている・・・! フランスで発禁という話は・・・? ついでに、過去にはオフィシャルサイトでふつーにYouTubeで全編見えてたわけだし、上映は問題なくね・・・? お金なくて発売できないだけじゃね・・・? あとなんでこの映画の界隈、中山さんのほか大麻関連の人が見え隠れするの・・・? 偶然・・・?

【関連】「美しき緑の星」の日本語字幕版を見た【動画リンク付き】

体制を信じるな。だけど、反体制にも利用されるな。感覚を高め、すべて自分の感覚で生きるのが大切ですね。