freeeのカスタマーサポートがしつこすぎてツライ

シェアする

スポンサーリンク

全自動のクラウド会計ソフトとして最大のシェアを誇る「freee」。個人事業主や中小企業の経営者さん(俺な)なら、一度は気になった存在だと思います。

【外部サイト】会計ソフト freee (フリー) | 無料から使えるクラウド会計ソフト

私も登録してみたところ、あまりのしつこいサポート体制に逆にウンザリしました。共有します。

freeeにウンザリするまでの経緯

6月30日(金)

freeeへの登録を完了

7月3日(月)

freee使い方サポート 05031878383 ○山さまから携帯電話に着信。その後、「本人確認と、興味や状況に合わせた使い方のサポートのために電話した」という旨のメールが届く。サブジェクトは「ご返信お願い致します」というもの。

電話での営業は不要という返信をしたところ、「以後こちらからのご連絡は控えさせて頂きます」との回答。

7月4日(火)

freeeサポートデスク FK田さまから再び携帯電話に着信。その後、「本人確認と、興味や状況に合わせた使い方のサポートのために電話した」という旨のメールが再び届く。サブジェクトは「050-3187-8383からお電話致しました」というもの。

昨日すでに不要と伝えていると返信をしたけれど、それに対してのレスは届かず。企業なのにメールスルーかよ・・・。

7月5日(水)

freee □林さまから「チャットサポートはいかがですか?」というメールが届く。このメールのみ、HTMLメールとなっており、文末に「メール配信停止をご希望の方は こちら」というリンクあり。もちろん速攻で解除。

7月5日(水)

いや、やっぱりこのまま登録していても面倒くさいこと増えそうだと直感して、freeeを解約。

7月11日(火)

freee使い方サポート ○山さま(最初に電話をくれた人)から携帯電話に着信!!!!! マジかと!!!!!!! 解約してんのに!!!!!!!!! 電話は不要って伝えてるのに!!!!!!!!! 留守電の内容を聞いてみたら、最初の電話とまったく同一でした。えーと、○山さん、だよね・・・? 顧客がいっぱいいるから覚えられないだけだと思うけど、一週間前に不要って伝えましたよね弊社・・・。

・・・また、この地獄が続くようであれば追記します。

私がfreeeに興味を持ち、興味を失った理由

私はひとりで会社を経営し、仕事をしています。24時間いつでも仕事中で、税理士さんや経理担当者などを雇う余裕がないという状況です(決算書の作成のみ税理士さんへお願いしています)。freeeというクラウド会計に興味を持つ方の多くは同じような感じだと思います。

ネットの便利なところは「非同期通信」が可能であるという点です。電話や対面だと、お互いの都合が合ったときしか通信(意思の疎通)が行えないけれど、ネットなら「メールしといたから読んで〜」ということが可能です(メールしといたから〜と電話をかけてくるアホもいますが)。

freeeに興味を持ったのは、ネットの非同期通信という利点を活かして、私の都合がよいときに自由に使えると思ったからです。新幹線で移動している最中や、ウンコをしている最中に会計処理ができるならとても便利です。

しかし、freeeは「いきなり電話」という同期通信を積極的に求めてきました。

もちろんそれは、カスタマーサービスの一環であり、顧客満足度を高めるために行っている当然の行為だと思います。

でも、いきなり電話かかってきたらビビるぜ? 登録画面のどこにも「いきなり電話します」なんてなかったぜ?

申し訳ないけれど、こっちから疑問が出たらサポートに頼るけれど、酒屋の御用聞きみたいに連絡されて応じられるほど、業務に余裕はありません。

また、迷惑メール対策のために、いわゆる「メルマガ」には「こういったメールが不必要な場合はココから解除できますよ」というリンクを掲載することが義務づけられています。しかし、freeeの場合はそういった解除リンクは3通目に届いたチャットサポート案内メールにしか記載がありませんでした。ほかのメールは「メルマガ」ではなく、「サポートからのダイレクトメール」という扱いなのでしょうか。それならそれで、返信したものにはレスを付けて欲しいし、部署内で共有して欲しいと思います。

最初に電話をかけてきたサポート担当に「もう電話は不要」と伝えたのに翌日また着信があったこと、さらに解約をしたにも関わらず、最初のサポート担当がまったく同じ調子で電話をかけてきたことについては・・・アゴが伸びる思いでした。解約しても個人情報は残ったままなのかしら。

カスタマーサポート、カスタマーサービスとは、カスタマーを満足させるものであるべきです。

私とfreeeでは、その点において一致が見られなかったので解約させていただきました。解約したんだからもう電話かけてこないでね!

・・・Macでマトモな会計ソフトがあればすべて解決なんだけどな・・・。

さて、弊社は9月末が決算。無事に決算を終えれば、無借金経営のまま4年目に突入です。マガったままでも社長はできる。