CBDオイルを激安で購入できる通販はどこ?いろいろリサーチした結果・・・【口コミ】

スポンサーリンク

産業用大麻(ヘンプ)から作られるCBDオイルが日本でも人気になってきました。気になっている方も多いと思います。私は毎日のように使用しています。

私がこれまで試してきたCBDオイルの体験談を一覧にしてみました。寄せ集めのアフィリエイターどもになめられてたまるか!

CBDオイルは認可された医薬品ではなく、健康食品(サプリメント)のため、病院で処方されることはありません。また、原材料の産業用大麻(ヘンプ)は「大麻取締法」で規制されているため、国内では生産できません。

基本的にインターネットの通販で海外からの輸入製品を購入する必要があります。

これからCBDオイルを試してみたい!という方へ、通販で購入する際に気をつけたいポイントをご紹介します。

※大麻取締法で禁止されているのは原材料の大麻草であり、違法成分が入らないように製品化されたCBDオイルを所持・使用することは違法ではありません

通販で買うなら少しでも安く、激安のものを手に入れたい!ということで、いろいろとリサーチしてみました。

CBDオイルの激安通販について

結論から述べます。

CBDオイルを激安で販売しているところは・・・ありません。

以下、その理由と思われるものを解説します。

CBDオイルは製造元が少なく、激安で購入できない

一般的に激安通販といえば人件費の安い国の製品や、ジェネリック医薬品ですよね。バイアグラのコピーと言われる「カマグラ」なんて超激安です。

しかし、CBDオイルは「超臨界CO2抽出法」という大がかりな装置を用いて抽出する必要があり、製造しているのはヨーロッパやアメリカといった一部の国だけです。一般的に人件費が安いとされるアジア諸国ではCBDを製造していません。

これは、日本を含めたアジア諸国はCBDオイルの原材料である大麻草への規制が強く、研究が進んでいないことが理由のひとつだと思われます。

そもそもの製造メーカーが少ないために激安商品も登場しないのです。

輸入のハードルが高く、激安で購入できない

どのような製品でも「現地」で買えばだいたい安く手に入ります。海外旅行のついでに買い付けしてみようかしら・・・や、個人輸入してみようかしら・・・と考えたとき、CBDオイルは「大麻取締法」と「関税法」の規制があるために非常にハードルが高いです。

CBDオイルがいまほど一般的でなかった時代には個人輸入もできていました。私も海外から購入したことがあります。

しかし、いまは違います。

CBD製品を輸入したいときには、「違法成分が入っていない証明書」や「大麻草の茎と種の部分から成分を抽出した証明書」などを提出しないと通関できません。

「一部のCBD製品から違法成分のTHCが検出された」という報道もあり、ますます厳しくチェックされそうです。

産業用大麻(ヘンプ)から作られた「CBDオイル」の中に、いわゆるマリファナの酩酊成分(違法成分)である「THC」が含まれていたという報道がありました。マジかと。

さらに、大麻の解禁が進むアメリカでは(日本では違法となる)THCが含まれた製品が、キレイなパッケージで多数販売されています。

マリファナ・ビジネスが盛んなアメリカ・コロラド州とカリフォルニア州では、マリファナの酩酊成分である「THC」が配合されたおいしそうなジュースが販売されています。

かつての「あやしいハッパ」ではなく、おしゃれなスイーツのような感じです。

こういったものが日本へ入り込むのを水際で防ぐため、「大麻草由来の製品」に対して税関はとても神経質になっていると思われます。

CBDオイル輸入販売 CBD LAB」や「CBDオイルの正規輸入通販サイトHemp Navi」のような正規代理店であれば、きちんと「違法成分が入っていない証明書」や「大麻草の茎と種の部分から成分を抽出した証明書」などを提出しているので通関できていますが、激安で販売するために個人輸入に挑戦!というのは・・・残念な結果になりそうです。

大麻取締法の規制があるから、激安で購入できない

ヨーロッパやアメリカからの輸入品ではなく、国内で生産できれば激安になるかもですが、少なくとも「大麻取締法」がある限りは不可能です。

大麻取締法の規制があるので国内製造できないはずのCBDオイル。しかし、国産という製品がたくさんあるのはなぜなのでしょう・・・?

大麻取締法の規制があるため、CBDの原材料となる産業用大麻(ヘンプ)そのものを国内で育てられません(厳密には、CBDの原材料となる大麻草の栽培許可を手に入れた企業・個人がありません)。

さらに、関税法の規制のため海外から産業用大麻(ヘンプ)そのものを輸入することもできません。

自前で作りたくても作れないのです。

処方薬として認可されていないから、激安で購入できない

最初にも書きましたが、CBDオイルは認可された医薬品ではなく、健康食品(サプリメント)という扱いです。病院で処方されるようなものではなく、保険の対象外です。

もしCBDオイルが処方薬として認可されたなら、いわゆる「3割負担」での購入が可能になるでしょう。激安の7割引です!

しかし、現時点ではそのような議論が行われているという報道は一切ありませんし、日本は大麻を医療に使うことにとても否定的です。それどころか、大麻草そのものを国内から抹殺しようとしています。

厚生労働省が、「大麻栽培でまちおこしはキケンがイッパイ!」というパンフレットを作成していました。

これはかなり遠い道程のようです。

それでも激安を探すなら・・・

以上をまとめると、そもそもの製造メーカーが少なく、販売業者も少なく、個人輸入が困難で、保険の対象にもならないから激安は存在しないのですが・・・

それでも激安を探したいという方は・・・

ファーマヘンプ社なら「3本セット」のものを選んだり、

5%CBD オイル3本セット
価格 22,500円(税込)

CBDオイルの正規輸入通販サイトHemp Naviなら「定期購入」の申し込みをすれば10〜15%の割引があります。

画像引用元:https://www.cbd-oil.jp/about_fixterm

さらに、正規代理店が販売しているCBDオイルのコスパを徹底調査したこちらのエントリも参考にしてみてください↓

日本でもCBDオイルが販売されるようになりましたので、コスパに優れた商品がどれかを調べてみました!

メディカルグレードタイプの場合はこちら↓

日本でもさまざまな製品を購入できるようになった「CBDオイル」。たくさんのラインナップの中から、特にCBDの含有量が高い「メディカルグレード」の激安商品を探してみました!

CBDオイルは風邪薬のように「短期的に使えば症状が改善する」というものではなく、毎日あれば安心できるものなので、まとめ買いや定期購入はよいと思います。私も複数の種類のCBD製品を気分によって使い分けています。

これからもっともっとCBD製品の認知度が上がり、激安で手に入れられるようになることを願っています!