あなたのカレ・カノジョは大丈夫?自撮り画像からドラッグを使っているか見分ける方法【10選】

シェアする

スポンサーリンク

世界的に大麻の合法化が進みつつ、芸能界では相変わらず覚醒剤が流行っているし、さまざまなドラッグがとても身近な存在になってきています。ひょっとしたら、あなたのカレ・カノジョもドラッグを使っているかもしれません。こんな写真を投稿をしていたら要注意!というものを10個ご紹介します。

目がパッチリしている

幻覚剤のLSDを使用すると、瞳孔が拡大する「散瞳」という状態になり、黒目がクリクリのキュートな目になります。自撮り画像で目がやたらとパッチリしているのは、LSDの摂取が疑われます。

キラキラした模様を付けている

幻覚剤のLSDや、サボテンから採れるメスカリンなどを使用していると思われます。サイケデリックアートを見てのとおり、それらを使用すると世界が七色のように輝いた感じで見えてしまいます。

犬の耳などを付けている

私もかつてマジックマッシュルームで「自分の身体が動物に変わった」ような幻想を見たことがあります(当時はマジックマッシュルームは合法でした)。犬の耳などを付けた画像を投稿するのは、まさにそれと同じと思われます。

日付や名前、余計な一言を書いている

大麻を使用している可能性があります。大麻の作用が働いている間は記憶が曖昧になってしまうので、本来なら書かなくてもよいハズの日付や時間、名前を書いているのだと思われます。

「ずっと仲良し」とかの余計なセリフを書きたがるのはMDMA(エクスタシー)による一時的な一体感です。勘違いしないようにしましょう。

人差し指と親指をクロスさせている

一部では「ハートマーク」と思われているようですが、実際は「ジョイントを巻いてるよ」という意味です。片手だけでやっていたら、かなりの上級者です。

頬を膨らませている

肺一杯に煙を吸い込んだ状態です。ちゅー顔は煙を吐き出した後の状態なので、その大胆さにドキドキします。

さみしげな顔をしている

「とりあえず何か持ってない?」というサインです。自称「○○の友人」は他人です。

シースリーポーズをしている

指を「C」のようにしているシースリーポーズ。「うれCたのCうつくC」という説もありますが、これは「一服キメようよ」しかありません。親指と人差し指の間にジョイントがつかまれています。

Lポーズをしている

親指と人差し指で大きく「L」を作って顔の横に寄せるLポーズ。こんなの「LSDなう」しかありません。

いかがでしょうか?

大切な人をドラッグの乱用から抜け出させるためには、牢屋にブチ込むような行為では意味がありません。ひとりずつの個性をきちんと理解して、ドラッグの代替となるような体験ができる「環境作り」が大切だと思います。

上記のような画像を見かけたら、気にかけてみてくださいね!あと、クラブでストロボつけて撮影するのは勘弁な!