犬も歩けば/ナナオサカキ

シェアする

スポンサーリンク

いつのころからか、詩が好きになった。詩には「間」がある。想像力が、自分の状態が、世界の情勢が、入り込む隙間がある。いうならば音楽みたいなもので -同じ小説を何度も読まないけど同じ音楽は何度も聞くような- いつも違った楽しみ方ができる。

この本はもうどれだけ読んで、どれだけの場所へ持って行っただろう。

私は本はほとんど読まない(お勉強系は除く)。だけど、詩はいつも読む。

それは思考の世界で遊べるから。遊んでいたいから。この詩集は、その扉を開いてくれる。