Facebookでエゴサーチをする方法【2016】

シェアする

スポンサーリンク

インターネットの世界で自分や自分のサービスがどのように反応されているのかを検索する「エゴサーチ」。たとえば私のブログであれば「magarisugi」を入れてTwitterを検索すると、こんな感じになります。


エゴサーチの是非については、「人の反応をいちいち気にするなんてカコワルイ」とか「こっそり調べてるみたいでコワイ」という意見もあるけれど、なにかを発信する人であれば反応を知りたい・反応を知って打ち手を考えていくのはすごく当たり前のことだと思います(エゴサーチの結果に攻撃したり落ち込んだりするのはやり過ぎだろうけど)。

で、Facebookの投稿内容はGoogle検索にもヒットしないし、Facebook内でも検索できないから、エゴサーチの対象外となっていました。

アメリカではFacebookの投稿も検索できるようにサービス内容が変更されましたが、日本語版ではまだ実装されていないようで・・・

あれ? 言語設定を英語に変えたら検索できるの?

Facebookでエゴサーチをする方法

ふだんのFacebookを開き、右上にある三本線のところからメニューを出します。

fbsearch_1

メニューの中に「言語」という項目があるので・・・

fbsearch_2

言語設定を「English(US)」に変更します。元に戻したいときはいつでもここから。

fbsearch_3

表示を英語にする?投稿の内容を翻訳するときも英語にする?とか聞かれるんで、一番上の「Show Facebook in this language」を選択。

fbsearch_4

英語に変わりました。Facebook廃人であれば英語が分からなくてもなんとなく操作できるハズ。

fbsearch_5

ふたたびFacebookのトップページへ戻り、虫眼鏡マークの検索ボタンを押して・・・

fbsearch_6

検索ボックス内へ文字を入れてみましょう。検索人気ワードは「TRENDING」として下部へ表示されます。

fbsearch_7

「magarisugi」と入れたら「See more results for “magarisugi”」なる選択肢が出てきます。

fbsearch_8

Facebook内で「magarisugi」のワードを入れて投稿している内容が表示されます!

ほほう・・・。

・・・かなり古い投稿が上位に表示されたりするので、精度として完璧なのかは怪しいところがあります。また、自分の名前で検索すると自分の投稿がひたすら表示されると思います。それでも、そこそこ便利です。イベントをやっている人なんかは役立ちそうですよね。

インターネットの世界はすべて検索できて情報共有できた方がハッピーになると思いますので、Facebookの中ももっともっと検索フレンドリーになりますように!